So-net無料ブログ作成
検索選択

偶然の出会いと情報の取捨選択と [戯言]

今回はどんな話か?

世の中には掃いてもすれきれないほどの、作品群が溢れかえっている。果たして5年後、10年後、100年後にも手にとってもらえる作品は、どれほどあるものか。今後もものすごいスピードで新しいものが作られていくのだ。よほどのことがない限り、過去の作品など振り返ってもらえないだろう。

人が生み出した作品群は、一生かかっても見切れるものではない。

作品だけでなく、学術的な知識云々も言い始めたら、まったくもって、1人の人間の脳のキャパシティと寿命というものはちっぽけなものである。


はて、前々から言っているが、自分はわりと保守主義者。作品に関しては、イノベーター、早期購入者などには決してならず、中期~末期に気が向けば・・・という人間である。

そういうスタイルで生きていても、好きな作品群はそれなりにあるから困る。

たまに思うのだ。見落としている、まだ見ぬスンバらしい作品が実はあるのではなかろうかと。

それは多分実際にあるのだ。しかし、時間やらコストやらを天秤にかけると、新しい出会いは必要ないかな、と思ったりもする。

しかしながら、近年では、戦闘妖精・雪風と、ゼロの使い魔は、完全に偶然の発見であった。
こういう発見の可能性を自分から潰してしまうのは、勿体無いという思いもある。

しかし、いちいちチェックしていたのでは、きりがない。

軽く、「自分好み」であったとしても、既にそのジャンルでより、「自分好み」なものが存在するなら、熱心に新作をチェックしたりはしない。

たとえるなら、ACの2番煎じが出てもわざわざプレイしないし、
サイバーパンクアニメが出たとしても、よほどのことがない限り、攻殻機動隊で間に合っている、と考える。
板野一郎がマクロス以外の色んな作品の監督をやっていても、サーカスはマクロスで間に合っている、と考える。

こういった線引きは、出会いを潰す点で、勿体無いが、しかし、限られた時間と資金のやりくり、という点では有効である。そうしないと、切がないのだから。


二律背反、悩ましいところだが、とりあえず、偶然の出会いは本当に大事にしたい。熱心に情報収集しないからこそ、偶然の出会いは大事にしなければなるまい。

そのためには、ニコニコすること、気になることばはググること、などなどが大切だろう。

幸いかな、メインフィールドであるSF関係は、それほど乱立する世界ではない。映像化されるような作品はおよそ把握できている。
が、しかし、小説になるとSF世界は幅広い。絵がないぶんだけ、古いものでも今の感覚で脳内映像補完して読めてしまうので、SFの古典も読む価値があるとなると・・・底が見えない。

萌系フィールドはそもそもメインではない。よほどのことがない限りは関心を示さない。
(例えばデルフリンガーがかっこええとかM72とかゼロ戦が熱すぐるとか)

盲点なのは・・・ファンタジーフィールド。

RPGに関しては、90年代前半の良質なゲームに接した世代なので、その点では満足はしている。
とくに聖剣伝説は文句なしに神ゲーである。

が、ファンタジーも、小説も多い。ラノベも多い。ラノベの中にも萌え分が少なめなダークなものも多い。

この辺が、一番切がないと感じるところだ。重厚で良質な世界観を持つ作品が多そうな中、でも切がない・・・と。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

rest

>>保守的
早期購入とかだと中々判断が付かないですし、難しいですね。そして自分に合わない作品だと……
>>線引き
今その作品で満足していると他に中々手が伸びないっていうのはあると思います。手を出して火傷したり、というのは決して無いとは言えませんし。。

私も振り返れば相当保守的な行動してるのか、
作品との出会いは私は何だかファンのクロスオーバーな二次創作からというのが多いかも。。
MGS×リリカルとかAC×東方,AC×マブラヴ,AC×ゼロ魔だとか、
一個の点から繋がってるものに波及させていくと言うか。
クロス系はクロス先のネタバレを許容せざるを得ないので本来は見ない方が純粋に楽しめるのですが。。
後は否定が多そうだけどやる夫系のゲーム系スレですかね。。相当改変されますがw

>>偶然の出会い
本当に偶々TVつけたらやっていたガングレイヴは今でもお気に入りです、や、粗もあるんですけど凄く魅力的というか
でもアニメ→ゲームと進まなかったのは線引きをしたからかも

>>ダークなもの
支配者層に位置する人間がひたすら会議し続けるシーンのあるラノベがあればなぁ、と思ったり。
ベルセルクは時代考証が偶に変だとも言われるらしいですが、それ以上に普遍化された黒いシーンが。。


キリが無く取捨選択が難しいからこそ、
一定の評価がされる過去の名作,古典に手を伸ばして安定させるのかなぁと思います。。
そう言いつつ私自身はトールキンの指輪物語は見てないのですが。
by rest (2009-08-25 23:41) 

NSX

指輪物語はまだしも、グインサーガなんかはもう手をつける気にはならないですね・・・。

今後は古典は古典でも、古代の古典に行きたいところですが・・・

フィクションのルーツを知るのって楽しいですからね。

しかし、ギリシア神話以外は、日本語の文献がほとんどない・・・。

北欧は?南米は?メソポタミアは?エジプトは・・・?


by NSX (2009-08-30 21:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。