So-net無料ブログ作成
検索選択

神が人を創り賜うたか【真・女神転生 STRANGE JOURNEY】 [考察 女神転生]

女神転生のような、神話存在が現実に登場する世界において、考えなくてはならないのは、
それらの存在がいつから、どのように存在するか?である。

世界各地には創世の神話が残されているし、様々な空想上の怪物、妖精などの伝承も残っている。
しかし、それらは人類の科学がこの地球、そして宇宙を明らかにするにつれ、
創作であることが分かりきっている。

アメノヌボコでかき混ぜて日本列島を作ったわけでもないし、日本列島を生んだわけでもないし、
天と地が創造神の死体からできたわけでもない。

真摯な信仰者は決して認めないであろうが、アブラハムの宗教の唯一神とて、世界各地の神話の神々と異なることなく、「人が生み出した存在」であろう。

では、女神転生の世界ではどう解釈したらよいのだろうか?


【真・女神転生Ⅲ】
『大いなる意思』は、他の神話の主神級の神々が通常の悪魔であるのに対し、抽象存在として、
アマラ宇宙の輪転の秩序を保つ存在として君臨している。もっとも、彼の御使いや、彼に反逆するものは、悪魔である。その点では、大いなる意思は現在圧倒的な力を持っているだけで、他の悪魔となんら変わらない存在なのかもしれない。
そんな彼は、聖書にあるとおり、人を創造した存在なのか、あるいは、人が信仰心によって生み出した神なのか?
ルシファーのような、人間を遥かに超越し、達観した視点から傍観、見守る存在すら、人の集合的、思念が生み出した存在なのか?
あまりそうとは考えたくはないものだ。

興味深いことに、真Ⅲには、アラディアという、異神が登場する。
アラディアは、虐げられた魔女たちが救いを求めてすがった虚構の神。
アラディアは、虚構とされた存在が集まるボルテクスから、アマラ宇宙を越えてこのボルテクスにやってきたよそ者。

アラディアの存在は、人の信仰によって創られた神と、その他の神を区別するようですらある。
しかし、結局は、信仰の強度の問題なのだろう。異端とされ、虚構とされるなら、その神は力を持つことも出来ず、虚構存在として霊的世界で疎外される。
そう考えれば、他の悪魔も信仰心によって形成された存在にせよ、十分な信仰があったからこそ、偉大な存在として君臨できる。(貶めれることもまたあるが)

【デビルサマナー葛葉ライドウ】
アバドン王では、『日ユ同祖論』がエッセンスとして盛り込まれている。
天斗紋はカバラの生命の樹がその由来となっている。
また、大国主の口からも、天津神はヘブライ神族の後ろ盾を持っていることが明かされる。(別件依頼)

現実の話でも、八幡(ハチマン、あるいはヤワタ)という、日本で広範に信仰されるこの神は、その起源がはっきりせず、一説には、西方系の渡来人がヤハウェ信仰を持ち込んだもの、と言われることもある。

「ヘブライ神族」や八幡神の由来を考えれば、ヘブライの神、すなわち女神転生世界の唯一神は、なんら他の神々と変わるところがなく、ただ現在の世界で圧倒的優位に立っている存在、ということになる。

【真・女神転生 STRANGE JOURNEY
攻略本情報なのでどこまで信じてよいか怪しいところだが(ひとまずアトラス×ファミ通なのでアトラスに取材していると信じたい)、この世界における、「悪魔」についての説明がなされている。

それは、悪魔は、「人類の種族的記憶が生んだ情報生命体」というもの。
非常にしっくりくる説明である。

神話の存在たちは、そもそもの姿かたちが「人間ありき」(例えば獣頭人身、羽を持った人)であったり、また、創世神話は民族(exヘブライ)や、支配者層(ex天皇家)のための創作色が色濃く現れていたりする。

宇宙の開闢は量子トンネル効果によって起こったとされるこの時代に、そうした脚色感の強いストーリーは真実たりえない。

悪魔が人類の集合的思念から生まれ、そして人々の思念の変遷によって、その意味付けを変化させてきたならば、かつての地母神が邪悪な存在へと貶められたことも理解がいく。
例を挙げれば、キリスト教において異教の神々が悪魔とされたこと、ヒンドゥーの神々が仏教に取り入れられたことなど枚挙に暇がない。

ただし、ストレンジジャーニーでは、悪魔らが完全に人間が生み出した「情報」が意思をもったもの、とするのではなく、「地球意思」という存在を置くことで、元来あったものに、人間の意思が流入して形作られたもの、としている。

地球意思は、ラブロックのガイア仮説をSF的に解釈したものだろう。
いつから意思を持っているのかはわからない。生命が進化する過程で、それら生命の集合的無意識(人の思念よりは、はるかに漠然としたものだろうが)の中からうまれ出たのかもしれない。
しかし、地球意思の成立にとってもっとも重要なのは、古代人の大地への信仰心だろう。
この信仰心によって、地球意思は、人の姿を象った、母なる存在として明確な形を手に入れた。
(地母の姿を持つ大霊母メムアレフと、生命の胚のような姿の威大霊メムアレフは、その変化の非常に分かりやすい例だろう)

無機質な星がその最初の段階から、「生命を作る」などという恣意的な意志を持つよりは、生まれ出でた生命の総体としての地球意思(=地球生命の意思)としたほうがしっくりくる。
それならば、メムアレフが人類を排除しようとするのも納得できる。

いずれにせよ、地球意思は、地球生命の魂を生む胎盤となり、地球生命の記録は蓄積された。
シュバルツバースには「悪魔の種」がメモリーとして保存されているが、その種の起源は、私の独自の解釈となるが、数多くの地球生命から地球意思へ蓄積された情報なのだろうと思う。

さて、ここでも引っかかるのは、「神」の存在と、ルイ・サイファーである。
彼らもまた、本来は地球意思から生まれ出でた存在なのだろうか?
「神」がもともとヘブライの神々の一柱に過ぎず、曙の明星と呼ばれた天使はこの神が生み出したものだとするなら、彼らもやはり地球意思から生まれ出でたのかもしれないが、全ての神が地母たちが産んだものとも限らない。むしろストレンジジャーニーに限定するなら、三賢人側から生まれ出でた存在なのかもしれない。

「神」は、太古の、異教の神々、残虐で野蛮な神々を駆逐し、倫理と道徳、法と秩序で律せられた世界を創ろうとした。
一方で曙の明星は神の方針に異を唱え、「神」に貶められた神々の復活のため、混沌の、闇の魔王となった。

そしてあらゆる女神転生の世界において、世界と人の在り方について対立し続けている。


【「神」やルイ・サイファーの支配範囲】
ここまで人間に強い執着を持つ存在が、果たして宇宙全体を支配する、すなわちこの宇宙を創成した存在なのか?と考えると、宇宙のスケールに対して執着点が矮小に思える。(人間原理を考え、この宇宙は神が人間のために創り賜うたもので、地球こそエデン、という考えもできるだろうが)

これも私の独論だが、霊的存在は、霊的世界、霊的宇宙において、無限とも思える支配力を持っていると考えてはどうか?
例えば、大いなる意思が支配するアマラ宇宙を考えてみよう。
アマラ宇宙では無数のボルテクスが誕生し、消失し、創世の輪転が続けられている。
真Ⅲのエンディングのひとつにあるように、ボルテクスの創世とは、もとの世界を創る、といったことも可能である。
創世は、宇宙開闢を再度行う、といったものではなく、ひょっとすると今いるこの世界も知らない間に
創世を経ているかもしれない・・・といった我々には認識されないものである。
(他のコトワリルートでも、創世時にビルが出現するあたり、世界と人の意識の在り方を変えることが創世なのだろう)

物理宇宙はひとつで、あらゆる可能性と時空が重ねあわせになっているのか、
それとも並行世界が無数に存在するのか、その辺は解釈次第だろうが、

少なくとも、上記の解釈なら、物理的宇宙は、意思もなにもなく、ただ単に深遠広大な空虚な入れ物に過ぎず、「神」は霊的宇宙を支配している、と考えることが出来る。

どんなに宇宙の物理法則を解き明かしても、それはこの物質宇宙にしか適用できない。
霊的世界は、物質宇宙しか見る術を持たない人類にとって、全くの未知の領域なのである。


【神は人を創り賜うたか】
色々と考えてきたが、人が猿から進化して知恵を得たことは間違いないだろう。
三賢人もニンゲンは人猿、と言っている。
「神」が泥から創ったのでは決してない。

しかし、「神」やルイ・サイファーは、明らかに人間を被造物として見る。
過去、三賢人(秩序の側の地球意思、とでも見なしていいかもしれない)は何度か旧人類の滅びを目にしてきた。
これはつまり、人が猿から進化する中で、これらの意思の介入があったことを思わせる。

例えば、最初の人類が進化し、種族的思念が複雑化する過程で、三賢人のような存在や、神や魔なる存在の種が生まれ、人類を導くようになった。(曰く、人は地球生命を統括するべき存在だったが、何度も愚かしい自滅を迎えている。)
何度目かの人類である現生人類を、被造物として見るのは、そのためとも考えられるか。

何十万年も前から存在する三賢人に比べ、現在の「神」はせいぜい数千年の信仰しかない気がするが、
その点は、「神」の種自体は遥か以前からあり、別の形で存在していた、と考えればよいか。


物理宇宙の摂理と「神」は関係ない。
「神」は霊的世界の支配者である。
地球生命や旧人類の思念が意思存在を生んだ。
意思存在は独自のスタンスで何回かの人類の営みを眺め、そして導いてきた。

その点で、意思存在は、この物理宇宙を作った高次元のインテリジェンス存在ではなく、
地球生命や人類の思念から生まれ出でた存在であっても、人を被造物と見なし、滅ぼしたり、導いたりする存在ということになる。



今回はとりたて思考が散逸だったが、綺麗にまとめる気は・・・ない。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。