So-net無料ブログ作成
検索選択

うれしくって抱きあうよ [音楽]

先日発売されたYUKIちゃんのNEWアルバム、『うれしくって抱きあうよ』。






連休最終日ということで今日は出歩きもせずお酒を飲みながら付属のDVDを観賞しました。






とりあえず、YUKIちゃんはあいも変わらずかわいいですねぇ。
自分の年齢のおおよそ倍くらい、そろそろ四十近くになるというのに、
あのかわいらしさ。

結婚しても、子どもを産んでも、女性にはああいう風であってほしいものです。
そんなことを思う理想主義者はいつまでたっても結婚できないのかもしれませんが・・・


さて、COSMIC BOXのPVについての感想でも。

最近シングルを全くチェックしてなかったので、どれがシングル曲か知らない私でしたが、COSMIC BOXとランデヴーは電流ながれまくりのいい曲だと思ってこのアルバムを聴いていました。案の定この2曲はシングル曲なのですね。いい曲ですね。

COSMIC BOXのPVは、双子の姉妹(YUKIちゃんです。あの歳で姉妹を演じられる童顔っぷりです)が眠れずに、夢の話をする、というもの。

その夢は、歳を取っておじいちゃんおばあちゃんになった友人たちと公園で遊ぶ、という不思議な内容。

老人たちは公園で輪になって踊り、シャベルを掴んで砂場を掘る。
すると、子どもの頃の思い出の物が出てくる。

サッカーボール、本、トランペット、ティアラetc・・・

そして
老人たちは子どもの姿になっていく・・・。


♪遥か遠い昔から、意味のある偶然を伝えているんだ

 からだの中から、響くのは懐かしい子守唄

 公園の砂場から 大気圏突入用のロケットに乗って、

 誰かの残したシャベルに乗って帰ろう


♪また明日あえるのに、どうしてさよならが嫌いになるんだろう?

 ひとみに映るのは、いつか見た燃える夕焼け



誰にでも、子ども時代があり、そして時間とともに歳をとり、老人となっていく。

誰しもが、子ども時代の情景を、友達と別れて家へと帰る、あの夕焼けを見、そして覚えている。


日常を生き、世間のおじさんおばさん、おじいちゃんおばあちゃんを見ると、
歳は取りたくないと思う。
かわいい女の子がしわしわのおばあちゃんになるのは見たくないと思う。

悠久の昔から、人は不老不死に憧れてきた。


でも・・・。

生まれ、育ち、産み、育て、そして死に行くのは、人の、生命の、悠久の時間繰り返されてきたサイクルなのだ。

その連鎖を否定し、逃れることは叶わない。

YUKIちゃんと、YUKIちゃんの歌を聴いていると、
歳をとることを前向きにとらえらる気がする。

JOYにも歌われるように、

♪100年先もそばにいたい。

 死ぬまでドキドキしたいわ
 死ぬまでワクワクしたいわ


YUKIちゃんは、多くの同時代の人が、老い、妥協し、活力を失い、
精神的に老いていく中で、今でも、瑞々しい歌を届けてくれる。

歳をとったことで精神的にも歳をとることは、自然なことではある。

それでも、自分は、妥協し、活力を失い、精神的に老いたくはない。
歳をとっても、ワクワクドキドキしていたい。

歳をとっても、子どもの頃のあの感動と、夕日は忘れたくはない。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。