So-net無料ブログ作成
検索選択

ラブコメのすすめ [雑記 漫画・アニメ・小説・映画などなど]

硬派と萌え分はバランス良く摂取しなければなりません。

偏食は良くありませんからね。

今回、ふとしたことから萌えラノベをまとめ買いしてしまったので、更新しておきましょう。

 

今年の上半期にアニメやってましたね。友人宅で5分くらいちら見して、「ふ~ん」と思っていた程度でしたが、つい最近までCoD:mw2なんかをやって残酷鬱々になっていたので、日常に戻りたくなり、手を出してみました。

何故に本作?それは私がリンクスだからです。

首輪の付いた独立傭兵・・・某所でストレイキャット(=迷い猫)と呼称されていて、ネーミングセンス良いなあと思ったことがあったのです 。主人公の乗機も、ストレイド(おそらく、綴りはstray-ed :造語)ですしねぇ。

 萌えと硬派をつなぐのは、こんなどうでもいい類似性だったりします。

 

と、いうわけで、まずはアニメ版から入ってみましたので感想。

・キャラはテンプレートな性格だが、しかしルックスが可愛い。ガチ可愛い。

・各話一監督制のためか、ストーリーが恐ろしく希薄。所謂、「番外編」みたいなのが本編なのが残念。・一部、良い話もあったが・・・

オープニングアニメに洗脳されつつ、確実に原作の方がストーリーが面白そうなので、音声と映像イメージを脳内に記録し、いざ原作へ。

詳細な概要は他所を参照されたし。

一行で説明するなら、ケーキ屋さんを舞台にした心温まる物語・・・です。どっちかといえば、ドタバタ学園ラブコメものといったほうがいいかもしれませんが・・・。

評価については、1巻がアマゾンで酷評されてましたが、確かに文体は荒いところがあります。

客観視点(いわゆる神視点)で、「○○は、~した」とあったと思えば、「あたしは、俺は~した」もあるという・・・。

基本は主人公視点ですが、視点移動の際の表記の揺らぎがやや気になりました。

まあしかし、2巻以降も引き続き読んでいくと、大変ハートウォーミングな作品であることに気づかされました。

とある学園都市で不幸だ不幸だと嘆く若者がいますが、何が不幸で、何が幸福かは、自分で決めるものなんですよね。

世間的に決して恵まれているとは言えない境遇で生まれ育っても、そんなことは不幸か幸福かとは関係ない。

逆も然り。裕福だからといって、幸福だとは限らない・・・。

そして、「奇跡は待っている人には起きないけど、起こそうとする人には時々やってくる」という言葉がとても印象に残っています。当然のことではあります。行動しない人には何の変化も起きないのですから・・・。でも行動に移すことは勇気のいることです。何となく読んだラノベにちょっと背中を押してもらうというのも、良いものですね。

・・・不覚にも泣いてしまったりです・・・。

 今回は紹介ですが、読んでいて色々と思うところもあるので、機会があれば走り書きしていきましょう・・・。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。