So-net無料ブログ作成
検索選択

うれしくって抱きあうよ [音楽]

先日発売されたYUKIちゃんのNEWアルバム、『うれしくって抱きあうよ』。






連休最終日ということで今日は出歩きもせずお酒を飲みながら付属のDVDを観賞しました。






とりあえず、YUKIちゃんはあいも変わらずかわいいですねぇ。
自分の年齢のおおよそ倍くらい、そろそろ四十近くになるというのに、
あのかわいらしさ。

結婚しても、子どもを産んでも、女性にはああいう風であってほしいものです。
そんなことを思う理想主義者はいつまでたっても結婚できないのかもしれませんが・・・


さて、COSMIC BOXのPVについての感想でも。

最近シングルを全くチェックしてなかったので、どれがシングル曲か知らない私でしたが、COSMIC BOXとランデヴーは電流ながれまくりのいい曲だと思ってこのアルバムを聴いていました。案の定この2曲はシングル曲なのですね。いい曲ですね。

COSMIC BOXのPVは、双子の姉妹(YUKIちゃんです。あの歳で姉妹を演じられる童顔っぷりです)が眠れずに、夢の話をする、というもの。

その夢は、歳を取っておじいちゃんおばあちゃんになった友人たちと公園で遊ぶ、という不思議な内容。

老人たちは公園で輪になって踊り、シャベルを掴んで砂場を掘る。
すると、子どもの頃の思い出の物が出てくる。

サッカーボール、本、トランペット、ティアラetc・・・

そして
老人たちは子どもの姿になっていく・・・。


♪遥か遠い昔から、意味のある偶然を伝えているんだ

 からだの中から、響くのは懐かしい子守唄

 公園の砂場から 大気圏突入用のロケットに乗って、

 誰かの残したシャベルに乗って帰ろう


♪また明日あえるのに、どうしてさよならが嫌いになるんだろう?

 ひとみに映るのは、いつか見た燃える夕焼け



誰にでも、子ども時代があり、そして時間とともに歳をとり、老人となっていく。

誰しもが、子ども時代の情景を、友達と別れて家へと帰る、あの夕焼けを見、そして覚えている。


日常を生き、世間のおじさんおばさん、おじいちゃんおばあちゃんを見ると、
歳は取りたくないと思う。
かわいい女の子がしわしわのおばあちゃんになるのは見たくないと思う。

悠久の昔から、人は不老不死に憧れてきた。


でも・・・。

生まれ、育ち、産み、育て、そして死に行くのは、人の、生命の、悠久の時間繰り返されてきたサイクルなのだ。

その連鎖を否定し、逃れることは叶わない。

YUKIちゃんと、YUKIちゃんの歌を聴いていると、
歳をとることを前向きにとらえらる気がする。

JOYにも歌われるように、

♪100年先もそばにいたい。

 死ぬまでドキドキしたいわ
 死ぬまでワクワクしたいわ


YUKIちゃんは、多くの同時代の人が、老い、妥協し、活力を失い、
精神的に老いていく中で、今でも、瑞々しい歌を届けてくれる。

歳をとったことで精神的にも歳をとることは、自然なことではある。

それでも、自分は、妥協し、活力を失い、精神的に老いたくはない。
歳をとっても、ワクワクドキドキしていたい。

歳をとっても、子どもの頃のあの感動と、夕日は忘れたくはない。
nice!(0)  コメント(0) 

オッツダルヴァとテルミドール②クローズプランとオーメルのシナリオ【追記】~一部抜粋 [考察 アーマードコア]

本記事に追記したものの一部抜粋。

~オルカ旅団~
レイレナードの亡霊を吸収したオーメルは、オルカ旅団を設立。団長に、旧レイレナードの
リンクスを当てる。
オルカ旅団の目的は、
急場しのぎであるクレイドル体制に対し、真っ向からアサルトセル破壊を提案できない、
あるいは、提案しても他企業に支持されないため、
テロリストによって、クレイドル体制を脅かし、アサルトセルの除去までやってもらう、
というものである。

オルカ旅団の声明にて、アサルトセルの情報が一般市民に公開されたかは、微妙なところ。
「マクシミリアンテルミドールは嘯く。
『国家解体戦争もリンクス戦争も企業の罪を秘匿するためにあった。
犠牲なき解決の機会は、既に失われている』」

この文言からは、公開されていると考えるべきか。

【追記】
企業の罪を秘匿し、首脳生命を安堵する密約が結ばれたことから、公開はされていないかもしれない。

だとしたらオルカ旅団は大変便利な存在である。

アサルトセルを、何も出来ない老人たちに代わって破壊してくれた上で、 最後はカラードリンクスに討たれて消え去る。企業はその立場上、自らクレイドル体制を終わらせられないし、企業連内で意思統一もできない。テロリストにやらせるのが一番手っ取り早い。

ルートによって色々あるが、ヴァオーとメルツェルはまさに当て馬の役を買って出たわけだし、ハードでの輝美の裏切りも、本人の内心がどうであれ、オーメルとしてはカラードランク1だけは手元に戻すつもりだったという考え方ができる。なんとも企業にとって都合の良い、使い捨てのテロ集団である。

テロによってクレイドル体制が崩されたことへの人民の不満は大きいだろうが、その多くは長くは生きられない。企業はクレイドル体制の終焉を嘆きながらも、テロリストの残滓を追い立て、そして汚染された地上で疲弊しきった人類に宇宙という新たなフロンティアを提示する・・・。
数を大きく減らした人類は、汚染しつくされた惑星からの脱出、という新たな希望を見出す。オルカという狂気の反動勢力は、オーメルによって筋書きされたテロリズム、大きな痛みと絶望の果てに希望を与えるシナリオだろうか・・・。
nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。