So-net無料ブログ作成
検索選択
雑記 アーマードコア ブログトップ
前の10件 | -

A NEW ORDER of "NEXT" [雑記 アーマードコア]

設定資料集の発売延期など良くあること・・・
ACの久方ぶりの設定資料集、A NEW ORDER of "NEXT"がようやく手元に届きました。

内容を読み終わりましたが、やはり若干の誤植、誤字が散見されます。
露骨な設定の矛盾などは見受けられません。ちょっと気になるところは無いわけではありませんが。(例:ハリがORCAだということは、カラードには知られていないはず・・・&アルギュロスは秘匿開発されたトーラスの実験機体なので、ORCAにしか知られていないはず・・・)

全体的には膨大な量の設定画が掲載されており、そっち方面の設定資料として秀逸。
(クレイドルの居住人数の計算も見れます。1機あたり800万~2000万。1世帯4人として居住空間は50㎡)
また、目新しい情報はあまりないものの、AC4世界の用語設定などを一冊にまとめてあるので、わかりやすいです。

重度フロム脳患者には物足りないかもしれませんが、基本設定の網羅書として一冊もっておくことを推奨します。


アーマード・コア A NEW ORDER of “NEXT”

アーマード・コア A NEW ORDER of “NEXT”




nice!(0)  コメント(2) 

AC5・・・・もう我慢できねえ!! [雑記 アーマードコア]

今年の初めに情報が出てのち、新情報が出ないAC5。

アリーヤMAX川手プロデュースのイベントが9月で終焉を迎えるので、
そこから一気に情報公開で年内発売・・・なのでしょうか。

さて、AC5はまだ出てませんが、2010年、ロボゲーは色々出るようです。
以下、それを踏まえて自分の属性分析をしてみました。

①Another Century's Episode:R(PS3)
あら?箱○じゃでない。国内需要中心だからでしょうか・・・?

なんだかアマゾンで3のほうが遥かに面白いとか糞ゲーとか言われてるがどうなのでしょう・・・。
とりあえず、デデデデストローーーーイナインボーと戦える模様。しかし白栗は出ないorz

しかし私はスルー中。

私は元来「ロボットアニメ好き」ではまったくもってないので、いわゆるアニメ系のロボット特有の「ノリ」がどうにも苦手です。最低限「宇宙世紀ガンダム」は共通言語として習得していますが、ガンダムも、アニメのノリ云々より、戦史、思想、兵器開発など、背景世界を追うほうが好みです。(宇宙世紀年表とか楽しいですよね??)

アニメの個性的で熱いキャラクター群やら女子供が軍用兵器をひょいひょい操縦する様は、渋好みには抵抗があるのです・・・。

よって機体の嗜好も、内部に精密機械がたっぷりつまった機動兵器、といったデザインのものを好みます。
人形っぽいのはどうにも・・・なのです。
具体的に好みとしてMSでは、Sガンダム、Zプラス、FAZZなどセンチネル系機体、最近ではクシャトリヤ、
他はフルメタのアーバレスト、マクロスからYF-21,YF-19などでしょうか。(YF-21の試作機っぽいごちゃごちゃしたコクピットが素敵)
(アーマードトルーパーがないですが、それは私がボトムズを見たことがないためです。私の上記趣向と照らしてめっちゃ面白そうなのですが・・・)

メカ畑を知らない友人からはどうにもニュアンスを理解してもらえませんが、私は「人型ロボットアニメ」が好きなのではなく、「ハイテクメカニック」が好きな人間です。最新のテクノロジーを投入したメカニックというのは、艦船も戦闘機も、戦車もSF兵器も、みんな恰好いいですよね。結局は暴力=人殺しの道具でしかない兵器に憧憬をいだくのは、最先端テクノロジーの粋を結集したものだからでしょう。

②フロントミッション エボルヴ(PS3,XBOX360,PC)
ニコ動で「何故シミュレーションじゃない?」とか「外注乙」、「挙動と音がおかしい」とか、「面白みがない」などなどたたかれまくっている次世代機初のFM。

私はFMは無印と1st(無印のリメイク)、あとガンハザしかやっていないという色々とアレな人間ですが、
FMOは遊んでみたかったので、アクションでの次世代機化自体は歓迎するのですが・・・
さて、今のスクエニのセンスは自分の神経を逆なですることが多い&外注での制作だなんだで、地雷臭が漂っています。スクエニのくせに英語音声であることは多少評価しましょうか・・・(CODmf2をじゅうびょおおおおおおおおお!!!ローカライズした企業は信用なりません。)



色々と他のゲームを眺めると、ああ、やっぱACって細かいところまでよく作ってあるなあ、と思うものです。
ただ、やたらめったらACを崇めて他をこき下ろす人は困りますね。
こんな輩が沸くとAC信者のイメージがすごく悪くなります。


最後に、メカとは違いますが、4年越しで、ようやくGT5が出るのですね。Forzaに比べると時間かかりましたね。
どっちもやってセンスの違いを遊んでみるのも面白そうなのですが、結局実際の車乗るのが一番楽しいという罠。

雑駁な更新でしたが、ではまた。



Revolution&Evolution アーマードコアシリーズの歩みについて [雑記 アーマードコア]

AC5の記事で、

ACの歴史は変革と進化だと書いた。

もちろんこれはACNXの2枚組のディスクを意識している。

当時は、似た言葉を掛け合わせた、それだけの印象しか持っていなかったが、

今思うと、この言葉はシリーズの歩みの核心をついている。




世の中には、


単にグラフィックが綺麗になるだけ、ストーリーが更に進むだけ、

人気があるだけ、

そんな理由で、軽薄なナンバリングを重ね、どんどん当初にあった面白さが失われたり、

マンネリ化して元気を失っていく作品が溢れている。



そんな中、ACシリーズは、「ロボットもの」としては異例のシリーズ数、歴史を持つに至った。
(ガンダムゲーとかスパロボは、どちらかと言えば、キャラゲーなので考えない)


それは、変革を恐れず、常に変革し、前に突き進んできたからだと思うのだ。

今回は、これまでのACの歩みについて、ちょっと見てみようと思う。


アーマード・コア PS one Books

アーマード・コア PS one Books

  • 出版社/メーカー: フロム・ソフトウェア
  • メディア: Video Game



初代。
「数百種類のパーツを組み替え、自分だけのメカを作り、操縦する」
3Dゲーム時代への突入に伴い、そんな夢のようなことがゲームで可能となった。
アセンブリ、豊富なミッション。荒廃した世界。
コアとなる部分は、この時点で全て含まれている。
当時開発陣は対戦はオマケと考えていた。



アーマード・コア プロジェクトファンタズマ PS one Books

アーマード・コア プロジェクトファンタズマ PS one Books

  • 出版社/メーカー: フロム・ソフトウェア
  • メディア: Video Game



ACPP。

半年程度の間隔で発売された2作目。
短めのシナリオの、パーツ追加版。
対戦が好評だったので、本作より【アリーナ】が登場した。


アーマード・コア マスターオブアリーナ PS one Books

アーマード・コア マスターオブアリーナ PS one Books

  • 出版社/メーカー: フロム・ソフトウェア
  • メディア: Video Game



ACMoA

よりアリーナに焦点を当てた作品。
パーツの追加はもとより、
2枚組ディスクによる【膨大なアリーナ】の収録と、【オリジナルアリーナ作成機能】が搭載された。



ARMORED CORE2

ARMORED CORE2

  • 出版社/メーカー: フロム・ソフトウェア
  • メディア: Video Game



AC2。

AC2のテストショットにwktkしたのももう10年も前となる。
ここにきてACの進化は、複雑化の方向に進んだ。

システムは複雑化したが、方向性は変わっておらず、
新要素が当然のものと化した今となっては
ミッションとアリーナという構成はシンプルなものである。


【エクステンション】【インサイド】【ラジエータ】といった新カテゴリ
【オーバードブースト】
【熱システム】あたりが大きな変化である。

地味に【電話対戦】ができるようになった・・・・・・時代を感じる。

その他、【フロート脚】や【Eシールド】などの新たなパーツが登場するなどの変革があったが、
実は一番大きな変化は、【体感での挙動の大幅な変化】であったりする。



ARMORED CORE2 ANOTHER AGE

ARMORED CORE2 ANOTHER AGE

  • 出版社/メーカー: フロム・ソフトウェア
  • メディア: Video Game



AC2AA。

ミッションに特化。それを売りにして押し切った作品。
パーツは少しだけ追加され、バランス調整している。
【VSミッション】というものが搭載されている。




アーマード・コア3 ポータブル

アーマード・コア3 ポータブル

  • 出版社/メーカー: フロム・ソフトウェア
  • メディア: Video Game



折角なのでポータブル版で張ります。
(どうせPS2版は品切れなので)

AC3。

次世代機での1本目とそのパーツ追加、というオーソドックスな流れの後、
ゲームを作っている人でなくても、「次の方向性」については悩むことだろう。

AC3は、思い切って、【世界観とパーツを一新する】という手法をとった。

これまでの世界観は初代からずっと積み重ねてきて、ファンの思いいれも深いであろうが、
延々とその未来を描いていくわけにもいかない。

パーツを延々追加していくわけにもいかない。

2系のパーツは、2年という短い期間でその任を終えることとなった。


戦術に劇的な変化をもたらした、【パージ】

コアの新機能【EO】の登場、
【4人対戦】

その他、左腕の銃器が少し登場したり、みんな大好き【とっつき】が登場したり、
【干】が登場したりした。

ミッションでは【寮機システム】なるものが登場している。






アーマード・コア サイレントライン ポータブル

アーマード・コア サイレントライン ポータブル

  • 出版社/メーカー: フロム・ソフトウェア
  • メディア: Video Game



折角なのでポータ(ry

AC3SL。

膨大なパーツ追加版。
その大半は・・・お察しください。
大きな変革として、【左腕銃器の大量追加】が挙げられる。
それは、これまでの何よりも革命的だったと思う。

その他、【武器破壊】、【AIアリーナ】という要素も追加された。
(当時売りにしていたものが一番最初に出てこない特徴になっていたりする・・・)





ARMORED CORE NEXUS

ARMORED CORE NEXUS

  • 出版社/メーカー: フロム・ソフトウェア
  • メディア: Video Game




ACNX。

これまで一定の方向性からあまりずれることなく、子どもが成長するような進化をしてきたACシリーズだったが、
ここにきてゲームを一から作り直すことになった。

パラメータから、ゲームのシステム、バランスまで全てを全面的に見直すという、
非常にアグレッシブな作品である。

その結果は、歴史が示すとおりであるが、

【変革と進化】というスタンスそれ自体は、大切なものだと思う。


新要素は、
【アクティブミッション】、
仕様を変えた【熱システム】、
【マガジン】、【格納】などであろうか。
新要素など瑣末なものに思えるほど、【基幹的な仕様】が変化している。




ACNB


何故かリンクが一発で出てこなかった。
まあ気にしない。


【アーマードコア操縦訓練ソフト】
以上。

こういう方向性も時には考えなければ、続編を供給し続けることは難しいともいえる。




アーマード・コア・フォーミュラフロント

アーマード・コア・フォーミュラフロント

  • 出版社/メーカー: フロム・ソフトウェア
  • メディア: Video Game



ACFF。
PSP発売したての頃の話。
【操縦しないAC】という新しい方向性の模索。
ジャンルとして好き嫌いは分かれる(ただでさえ多くはないACのマーケットより更に狭いジャンルということ)
面白い方向性ではあっても、果たして今後この方向性はあるのか?

個人的には4系のFFは欲しかったと思う。







ACLR。


色々と冒険をした後に、PS2最後のACとして発売された作品。

個人的な話だが、私は当時大学に入学したてて、世の中はADSLや光光回線で常時接続な時代に既になっていた。
ACLRは以前の作品に比べても、【WEB上でのプロモーション】に力を入れている。
今ではHP上で情報を載せたり、PVを流すのは当然だが、それ以前はそこまで派手なHPというものは見受けられなかった。

ムービーや台詞といった部分を意識するようになったのはこの作品からだと思う。

新要素としては、
【新アクティブミッションとマルチエンディング】
【部位破壊】、
【人間の登場】など。



でも、なんだかんだで一番大きいのは、【興】・・・いや、なんでもない・・・。








アーマード・コア 4 (The Best Collection)

アーマード・コア 4 (The Best Collection)

  • 出版社/メーカー: フロム・ソフトウェア
  • メディア: Video Game



AC4。
ようやく最近の話・・・と思いきやもう3年前??

中途半端に3系のパーツを引き継いだまま、システムの作り直しをしたNX系は、
機体の操作や、パーツなどがゴチャゴチャになってしまっていた。
(とくに右手と左手で共通の武器とそうでない武器などはゴチャゴチャの極みだと思う)


完全にまっさらな状態から作った、完全新作。
次世代機として【オンライン対戦】に対応した。

私の印象としては、ものすごく、「すっきり整然している」

QB、PAといった新システム、シンプルになったカテゴリ、
4つに分かれたブースタ・・・

ACとしての面白さのコアを残しつつ、これまでの進化と変革で
生じた歪さから脱却し、ピュアな状態で誕生した、
そんな作品だと思っている。



アーマード・コア フォーアンサー

アーマード・コア フォーアンサー

  • 出版社/メーカー: フロム・ソフトウェア
  • メディア: Video Game



ACfA。

4系の【パーツ追加版】

パーツの追加が一番大きい気がするが、

対戦要素としては、
【アサルトアーマー】、

その他、
【協力プレイ、マルチエンディングなども搭載】

当時の一押しは、【AF】と【VOB】であった。

また、4でユーザーから出された細かい不満(レーダー、マッチング、その他etc)について、
ものすごく逐一対応されている。
痒いところにわりと手が届いている作品。





ものすごく主観的な記憶で歴史を辿ってきた。
継続的にゲームを作っていくのは、本当に大変だと思う。

さて、AC5では、OW(オーバードウェポン)という新要素が登場するようだが・・・
果たしてPAのような基幹的なシステムなのか、AAのような副次的なシステムなのか・・・?

5の方向性が、今後3年ほどのACの方向性を決定するだけに、
期待と不安が入り混じる・・・。

とにかく、発売が楽しみだ。

コメント(0) 

ARMORED CORE 5  変革と進化と [雑記 アーマードコア]

3482993


ポータブル化も一通り終了し、そろそろ据置向けに大タイトルが来るのではないかとそわそわしていた。
遂に来た。

大きな変革を伴う、新たな戦場が。

ACは5メートルサイズにダウンサイジング。

一際目を引く大型の兵装『オーバードウェポン』。

期待と不安が混じりあう、この感覚・・・。

思えば、こんな感覚で発売を待ち焦がれるゲームは、ACくらいなものだ。

何故なのか?

それは、ACでは、続編においてゲームシステムに変革を与えるからだ。

逆に、1人プレイ時の演出だとか、アクションに関わらない部分での変革は、あまり大きくない。

毎回のごとく、機体のアセンブリ、というコアの部分は共通していても、ゲームプレイに関係する要素を何かしら入れてくる、それがACの歴史だ。

だからこそ、このシリーズは、マンネリ化もせず、10年以上もの間ソフトを発売し続け、熱心なファンに支持されている。

4系の方向性は面白かった。高効率の通常ブーストと、QBによる3次元戦闘は、頭の中で思い描いていた、メカ同士の戦闘を、実際に現出させた。

しかし、fAで十分なパーツ数が供給されるに至り、

「次はどうなるのだろう?」

と思った人は多いだろう。


ずっと同じままではいられない。

変わらなければ、今後、10年、20年と、ACというシリーズを永続せしめることができない。

ゲームを作るとは、大変なものだ。10年くらいなら何とかなるだろうが、20年、50年、100年と、企業が存続する限り、変革と進化をしていかなくてはならないのだから。


そしてACは、4系の方向性との決別を図った。

高機動、高性能化という恐竜化ではなく、

小型化による、戦術の多様化の方向性。



ネクストの戦闘は、確かにネクスト同士であれば、複雑な3次元機動が入り乱れる迫力ある戦闘となった。
しかし、その一方で、高機動化は戦場を大雑把なものとし、その結果、ミッションの緻密さがなくなり、大味になったのも確かである。

ここにいたってのダウンサイジングは、

配置された敵ユニットの特性、作戦領域の地形特性など
を考慮し、攻略プランを考えるという、新たな喜びをもたらすことだろう。


ひとつ心配なのは、ひとつだけだがとても心配なのは、

ACのルックス


である。


5メートルとなると、ヴァンツァークラスである。

短足でミリタリーテイストな、言ってしまえばGAを更に極端にしたデザインが真っ先に思い浮かぶ。

5メートルともなれば、アリーヤやアリシアやホワイトグリントのような、スマートで未来的、先進的なルックスの機体は登場しようもないだろう。

単に流線的、というだけなら可能だろうが。




アリシアさんとの別れ。

それだけは、寂しい気がする。


でもACのパーツは、出会いと別れなのだ。

きっとまた、素敵なパーツとの出会いが待っている。


以下写真は全てファミ通.COMより。

34829983482997348299634829953482994



nice!(0)  コメント(0) 

ラストレイヴンサウンドトラック [雑記 アーマードコア]

アマゾンで在庫が減少したので今までスルーしていたLRの音源を確保。

LRの曲って、ミニマルループテクノが多くて、いまいち燃えなかったという記憶があった。
耳に残る曲もなかった。
なので今までサントラはスルーしていたのだ。実際アマゾンでの評価もご覧の通り。

が、買ってみて純粋にCDとして聴くとあら不思議、素晴らしい。
1、2テクノ、
3が状況に合わせたドラマティック、壮大、戦場の雰囲気を漂わせるサウンド
NXが戦い燃えるテクノサウンド、
4がロック&オーケストラ、
LRは垂れ流して聴くのに向く。違うほうの(空の)AC3の曲とかなり似た感覚である。

そう言う点では、サントラという感じがあまりしない、普通にエレクトロニカのアルバムを1枚買った、という感じ。
特定の状況に使われる、状況を表現した楽曲でないからこそ、日常のあらゆるシーンで垂れ流して聴くのにピッタリだ。
クルマの中でも、寝転がっているときでも、作業中でも、
別にダンスミュージックとして使っても遜色ないだろう。

意外にヘビーローテになりそうである。これはクセになる。

結局のところ、ゲーム中はあまり曲を聴いている余裕がないし、
どんなにアルバムとして優れたエレクトロニカであっても、
ACには「燃え」がないとしっくり来ないのが自分なのだろう。

てなわけで残り僅かなので、買っておきましょう。





新ランカー・・・いっいやん!!かっこいいっ・・・【AC3ポータブル】 [雑記 アーマードコア]

647744483_74.jpg

拾いもの。

ああ、なんてかっこいいんだ・・・。

絵のタッチから脚部も新パーツかと思ったが、N系で言うならジャガーⅠ脚らしい。
頭部のみ新パーツ。

ちなみにゲーム画面では、腕はレーザーライフル(N系のシェイド)&肩はなし。
どうやら基準違反機体がないためらしい。(3系以降、重量過多は出撃不可ではなく機動性ダウンになっている)



まあ、ポータブルは買う予定がないので実際に遊ぶことはできないのだが・・・、黒いミラージュ軽量型というのもいいものだ。Wグレネードにカラサワ月光という、強化人間&基準違反機体丸出しの、AC的には古典的な「強い機体」というのも懐かしい。
強化人間はN系以降敵だけのものになり、4系にいたり強化人間は全面的に廃止。ランカーの強さは真面目なアセンとロジックに左右されるような時代になって久しい。

そう・・・MOAのナポレオンしかり、昔のランカーは、飛びながらグレネードを乱射してくるというのが定番だったなあ・・・などと、十年前の感傷に浸ってしまった。

管理者の実働部隊なんかは、あんな機体でもよかっただろうと・・・最近思う。
現実には、大変低火力&鈍重なコンビがラスボスだったが・・・。明らかに中盤で戦う実働部隊(ミラージュ中央研究所&エネルギー炉)のほうが強い気が・・・


ACは、次は何を見せてくれるだろうか?今から10年後には、どうなっているだろうか?
また変わっていくのだろうが、ずっとレイヴン&リンクスでいたいと思う。ほんとにそう思う。

ACポータブル祭 [雑記 アーマードコア]

平日だが不景気でお休み。てなわけで



22日公開のフロムのサイトがオープン。

http://www.fromsoftware.jp/portable/


以下、画像の著作権はフロムソフトウェアのもの。

というか事前情報で3 SL LRのポータブル化は知っていたのだが。


とりあえず、3のサイトを見る限り・・・


インターフェイスはフルチェンジで、赤を基調としたNBみたいな画面になっている。

なかなか新鮮、てかかっこいい。

更に2系からも相当数のパーツが登場する模様。

img_newelement04.jpg


型番ではめんどいので通称でいこう。

脚 ワンダーレイド脚
腕 ブレ用最軽量腕
左 3連ブレ
右 ハングレ

2系のデザインも捨てがたい私としては3連ブレの復刻やらワンダ脚は嬉しい限り。

しかも、この後に発売される3SL、LRにまでコンバート可能とのこと。

3系とN系の融合である。

はて、3系とN系は仕様が全く違うが、どうなるのか??

熱量システム、パラメータ項目、マガジン、左腕武器の扱いなど、もろもろ異なっているのだが。

更に、クレスト中量OBコアやら重量実EOコアなどはどうなるのやら?
N系では無機能にされたのだが。

OBの性能が3系並みであれば、無機能コアは存在感が微妙になってしまいそうだ。
しかし、N系のOBは、常人には扱いが厳しすぎるのもまた事実。


次、気になる操作について。


img_newelement04.jpgimg_newelement05.jpg

img_newelement06.jpg


フルキーコン対応の模様。さて、画像から見る限り・・・


アナログキー:前進後退&左右旋回
LRボタン:左右平行移動
△○:上下視点移動
□:メインウェポン使用(右、左右背、インサイド)
×:ブースト
↑:武器切り替え
→:エクステンション
↓:左腕武器使用・イベント
←:OB、EO使用

といったところだろうか。

視点切り替えとダブルトリガーに非常に問題がありそうである。

ブーストしながらの滑らかな視点移動、移動しながらのW鳥が難しい。

左腕は単発系が無難か。


A操作っぽくするなら

アナログ:前後左右移動
○△□×:視点移動
LR:武器使用
↑:武器切り替え
→:エクステンション
↓・・・・ここまで考えて思ったが、これではブーストに致命的な問題が生じる。

擬似A操作再現は厳しいかもしれない。となると、速射系のW鳥が非常に厳しい。


と、ここまで期待に胸を膨らませ、旧作でオン対戦ができるならPSPも買うかな・・・と思ったのだが、

重大な問題がある。


マイPS3は20Gモデル、すなわち無線LANがついていない。

アドホックパーティーはPSネットワークを利用しているため、USB無線LANアダプタを買ってPCで参加・・・というわけにもいかない。まあ、PC同士ならXlink Kaiが可能かもしれないが。

今のところ20Gモデルへの外付け無線LANの対応予定はなし。サードパーティーがUSBタイプのものを発売してくれれば参加できるのだが・・・。

無線も大容量HDもいらんと思い、一万円をケチって20G版を購入した私ではあったが、情勢の変化というのは想像を超えている。
PSPなんぞ買わないと思っていたのだが、ACのポータブルはもろもろ魅力である。
しかも20Gは既に体験版やらでパンパン。
近々大容量型に換装予定である。120Gくらいは欲しいか。


星野康太はネ申 [雑記 アーマードコア]

連休も終盤、さきほど寮に帰宅しますた。

ちょいとニコニコを覗いてみたら、アーマードコアのBGMを長らく担当している星野氏の、AC以外の楽曲がうpされていました。音源はmy space musicに本人が挙げているようです。




ニコ動に挙げているものも、なんと、本人の承認が取れているとの事。CD化して金取ってもいいものを・・・謙虚な方なのでしょうか。


とりあえずURLはリンクに張りましょうか。お仕事関係の公式ページ、という感じではありませんが・・・まあ、おkということで。

http://www.myspace.com/kotahoshino0423


L型高濃度コジマ汚染患者 [雑記 アーマードコア]

あまりにもニコにつながらない&動画が増えすぎて検索では昔みた面白い動画を探しにくい&マイリス限界なんでプレミアムに。

社会人はだまってプレミアムにしましょうネ。


この時間までず~~~~っと見たことあるがマイリスに入っていないもの、&掘り出しもの動画を探していました。



深夜をまわり最後には、わたくしの脳みそもバースト!!!したようでございます。


どうぞこの二つの動画を同時再生しましょう。









なんで同時再生か????それは、ゼロMADのほうがところどころエロいのが恥ずかしいからです。

いい男たちのいい声もバランスとるのに必要なんですね。


萌えカオス×ウホカオス=究極のカオス


ゼロを37秒再生してから王子を再生すると丁度よく。


正常な脳であればやかましすぎて耐えられないでしょうが、深夜を回った脳みそにはおkでした[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]



さあ、地球なめんなファンタジーだぜ!?

地球なめんなファンタジーだぜ!?

地球なめんな(ry


地球なめんなファンタジー動画も最近増えてきてわたくしも嬉しい限りです。






最大再生数をほこる聖地




ネ申の最新作







ゼロ魔の【燃え】を凝縮したMAD






英雄といえばこっちも神





アルフレッド・イズルハといえば、浪川大輔のデビュー役。ちなみに日野ちゃまの尊敬する声優さんは浪川大輔だそうです。

とりあえず、「嘘だといってよ!!バーニィ!!」






さらにACに新たな神MADが出現していたとは!!!!






・・・・・・・・・・。。。。



病気になりそう(いや、もう病気なので)そろそろ寝ます。[眠い(睡眠)][眠い(睡眠)][眠い(睡眠)][眠い(睡眠)][眠い(睡眠)]

AC3ポータブルにレギュ1.40に [雑記 アーマードコア]

しばらく情報から遠ざかっていたが、

AC3がポータブル化すると。


何故3チョイス??消去法でいってみよう。


まず、初代系:グラ的に新作謳って発売するのは論外

2系:当時はまだパージがない

N系:内容がストイック、難易度高めなので移植による拡販には不向き

3系:システム的に成熟、バランス良好。


さらに、3と3SLでいったら、ボリューム的にも、移植の観点でも(3飛ばしていきなりSLというのはやや不自然)
、3ということになるのでしょう。

パーツ復刻があるとのことですが、それより左腕銃をいくつかSLから登場させたり、チーム対戦をSL準拠にするなどがあったほうがいい気がしますね。

あと、対戦ステージはSLのほうが多人数だと楽しいものが多いですし。



はて、さらにさらに、今日4月18日に、なんとなんとなんとなんと!!!!!!!!!!


レギュ1.40が配信されたとのこと




通常ブーストの加速度向上により挙動が軽くなり、パラメータも微調整されたとのこと。





というわけで、今からACSISにこもらせていただきます。


こういうときは、処理落ちがあってもPS3版でよかったと思うものです。両方持ってれば一番いいんですがね。
前の10件 | - 雑記 アーマードコア ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。